インスタンスの構成

Oracleインスタンスは、SGAとバックグラウンドプロセスから構成される。

Oracle_DB_構造

SGAは以下のメモリーバッファから構成。

<メモリーバッファ>
・データベースバッファキャッシュ
データファイルから取り出したデータブロックをキャッシュする。

・REDOログバッファ
REDOログに書き出すため、データベースに対して行われた更新前のデータと更新後のデータを保持。

・共有プール
ユーザー間で共有する共有SQL領域をキャッシュする。

・ラージプール
Oracleのバックアップ処理とリストア処理、I/Oサーバプロセスおよび共有サーバーとのセッションメモリー用のオプション領域。

・Javaプール
Java仮想マシン内のセッション固有のすべてのJavaコードおよびデータに使用される。

・Streamsプール
Oracle Streamsに使用される。

SGAの構成要素のサイズは、初期化パラメータファイルに指定する。初期化パラメータファイルは、インスタンス起動時に読み込まれる。初期化パラメータファイルはインスタンス起動時に読み込まれる。初期化パラメータファイルの値を変更した場合は、次のインスタンス起動時に適用される。

スポンサーエリア

ただし、一部の初期化パラメータは動的に変更可能。

具体的には、
・データべースバッファキャッシュ
・共有プール
・ラージプール
・Javaプール
・Streamsプール

は、インスタンスを停止せずにサイズ変更可能。(REDOログバッファは×

バックグラウンドプロセスは、データファイルとSGAの仲介役。

<バックグラウンドプロセス>
・システムモニター(SMON)
Oracleシステムを監視。インスタンス障害発生後、次の起動時にインスタンス回復を行う。

・プロセスモニター(PMON)
ユーザープロセスの異常終了時に、キャッシュのクリーンアップと、プロセスで使用していたリソースの解放を行う。

・データベースライター(DBWn)
DBバッファキャッシュに記録されている更新済みのバッファをデータファイルへ書き込む。

・ログライター(LGWR)
REDOログバッファ内のREDOログエントリをREDOログファイルに書き込む。

・チェックポイント(CKPT)
DB情報を管理し、チェックポイントが発生した場合、DBWnにシグナルを送る。全データファイルヘッダーと制御ファイルを更新し、最新のチェックポイント情報を記録。

・アーカイバ(ARCn)
REDOログファイルが満杯になる、または、ログスイッチ要求が発生した場合に、REDOログファイルをアーカイブ領域にコピーする。プロセス起動は任意。

バックグラウンドプロセスのほかに、ユーザープロセスの要求を処理するための、サーバープロセスというプロセスもある。サーバープロセスには、プライベートSQL領域やセッション情報を保持するPGAと呼ばれるメモリー領域が割り当てられる。PGAのサイズは、インスタンスが共有サーバーモードで構成されているかによってことなる。

スポンサーエリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です