制御ファイル

制御ファイルに記載されているものは、
REDOログファイルの場所と名前です。

データファイルやREDOログファイルに変更があると、自動的に制御ファイルが更新される。

スポンサーエリア

制御ファイルの場所と名前は、初期化パラメータファイルCONTROL_FILESに記述してあり、DBマウント時に読み込まれる。制御ファイルは、失うとDBがマウントできなくなるため、多重化した方が安心。

多重化実行方法:
CIBTROL_FILESに複数のファイルを指定。

Oracleデータベースサーバの構造

Oracleデータベースの構造は以下の通り。
(クリックで拡大)

Oracle_DB_構造

 

制御ファイル
DBの整合性を維持するために必要なファイル

REDOログファイル
障害発生に備えたDBの変更内容を記録

データファイル
ユーザーデータ、Oracleシステムデータが記録

初期化パラメータファイル
インスタンスの構成パラメータを記述。インスタンス起動時に読み込み。

パスワードファイル
SYSのパスワードを管理するファイル。

アーカイブREDOログファイル
REDOログファイルを継続して記録する履歴ファイル。
バックアップファイルを使用して、DBのリカバリを実施する際、使用する。

スポンサーエリア

Oracleインストール(orainstRoot.sh、root.shスクリプト)

Oracleインストール時に、UNIX or Linuxでは、rootユーザーで、以下のスクリプトの実行を要求される。

orainstRoot.sh
インベントリポインタファイル作成に使用。
インベントリポインタファイルは、OUIが起動時にインベントリの場所を検索するのに使用する。
(Winの場合は、レジストリに内にあるからいらないらしい)

root.sh
/etc/oratab ファイルの作成
oraenv、coraenv、dbhomeのパス設定

oratabファイルの中には、ORACLE_SIDと、ORACLE_HOMEが記述されている。

指示される順番は、orainstRoot.shの方が先。

Oracleインストール(orainstRoot.sh、root.shスクリプト)

Oracleインストール時に、UNIX or Linuxでは、rootユーザーで、以下のスクリプトの実行を要求される。

orainstRoot.sh
インベントリポインタファイル作成に使用。
インベントリポインタファイルは、OUIが起動時にインベントリの場所を検索するのに使用する。
(Winの場合は、レジストリに内にあるからいらないらしい)

root.sh
/etc/oratab ファイルの作成
oraenv、coraenv、dbhomeのパス設定

oratabファイルの中には、ORACLE_SIDと、ORACLE_HOMEが記述されている。

指示される順番は、orainstRoot.shの方が先。

Oracle 10gのシステム要件

Oracle Database 10gのインストールにあたっては、以下の要件が必要。

・RAM:512MB
・スワップ領域:1GB or RAMの2倍
・一時ディレクトリ(/tmp領域): 400MB
・ディスク領域(Oracle用): 1.5GB
・ディスク領域(DB用): 1.5GB

OUI(Oracle Universal Installer)にて、システム要件を満たしているかの検証ができる。
システム要件を満たしていないのにインストールするときは、
「-ignoreSysPreqs」フラグを使用する。

ex)
runInstaller -ignoreSysPreqs

Optimal Flexible Arcitecture(OFA)

OFAとは、Optimal Flexible Arcitectureの略です。
翻訳してみると、「最適な柔軟な構成」になります。

以下を目的としているとのこと。

・パフォーマンス低下を避けるファイル編成
・バックアップ等の管理を容易にする
・複数のOracle DBの切り替えを容易にする
・DBの拡張
・断片化やリソース競合を減らす

■OFAのネーミング規則
マウントポイントのネーミング: /pm
ディレクトリのネーミング: /pm/h/u
ソフトウェアのディレクトリ: /pm/h/u/product/v

<文字の意味>
・p: 文字列定数
・m: 各マウントポイントを識別する一意な2桁の値
・h: 標準ディレクトリ名
・u: ディレクトリ所有者
・v: バージョン情報

たとえば、こんな感じになります。
マウントポイントのネーミング: /a01
ディレクトリのネーミング: /a01/app/user01
ソフトウェアのディレクトリ: /a01/app/user01/product/10.1.1

Oracle 環境変数

ORACLE_BASE…Oracleディレクトリ構造のベースディレクトリ(OFA用)、複数のバージョンのOracleのインストールを容易にする
ORACLE_HOME…Oracleソフトウェアが含まれるディレクトリ
ORACLE_SID…Oracle インスタンス名(数字と英字のみ。記号不可)
NLS_LANG…言語、地域及びキャラクタセット名
NLS_LANGUAGE…言語のみを設定

・LNS_LANGの設定方法具体例
language_territory.charset
-language…言語   ex)japanese, american
-territory…通貨・日付  ex)japn, america
-charset…クライアントが使用するキャラセット ex)JA16EUC

・現在のセッションで有効になっている言語的及び文化的な環境を確認するには、SESSION_PARAMETERSビューを参照する。

Google アナリティクスでの、新規アカウント追加方法

小一時間迷ってしまったので、以下にメモ。

新規アカウント追加には、

①右上のアナリティクス設定をクリック

②アカウント設定をクリック

アカウント設定

 

③アカウントをクリック&新しいアカウント作成をクリック

アカウント設定2

必要情報を入力。

アカウント設定3

こんなの迷うの自分だけなのかなーと思いつつ、
正直グーグルさんこれは分かりづらいよ!って思いました。

WordPressで固定ページをトップページ(フロントページ)にする方法

WordPressで固定ブログトップページを作りたいときのメモ。
超簡単だった!(当記事執筆辞典 WordPress 4.4)

まずは、固定ページを作る。

固定ページ > 新規追加

固定1

 

設定 > 表示設定

フロントページの表示で作成した固定ページを選択すればOK

固定2